コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛星寿命 えいせいじゅみょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衛星寿命
えいせいじゅみょう

人工衛星は近地点付近で上層大気などにより抗力を受けるので次第にエネルギーを失い,最終的には濃い大気中に突入して消滅する。打上げから消滅までの期間を「軌道寿命」と呼び,一方観測機器の故障,その他から制限される衛星の使用期間を「ミッション寿命」と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

衛星寿命の関連キーワード人工衛星

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衛星寿命の関連情報