消滅(読み)ショウメツ

デジタル大辞泉 「消滅」の意味・読み・例文・類語

しょう‐めつ〔セウ‐〕【消滅】

[名](スル)消えてなくなること。それまで存在していたものがなくなってしまうこと。「相続権利消滅する」「自然消滅
[類語]失う遺失散逸滅失流失消失消散忘失雲散霧散雲散霧消離散四散飛散立ち消え消える失せる散る失する無くなる無くす無くする無くなす喪失する亡失する紛失する落とす払拭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「消滅」の読み・字形・画数・意味

【消滅】しよう(せう)めつ

消え失せる。〔列子楊朱〕生には則ち賢愚貴賤り。是れ異なるなり。死には則ち腐(しうふ)り。是れ同じきなり。

字通「消」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android