コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装荷 ソウカ

デジタル大辞泉の解説

そう‐か〔サウ‐〕【装荷】

電話回線で、通信電流の減衰を防ぐために、回線路の一定間隔ごとにコイル直列に挿入すること。「装荷ケーブル」
原子炉に燃料を入れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうか【装荷】

通信線路で、伝送特性の劣化を軽減するために、線路中にインダクタンスを入れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

装荷の関連キーワードプルトニウム・リサイクル無装荷ケーブル搬送方式M.I. ピューピンアームストロングキャンベルの公式東北電力東通原発海底ケーブル通信黒鉛チャンネル炉インダクタンス釣掛式駆動方式無装荷ケーブル通信ケーブルパーミンバー光ファイバー同軸ケーブル搬送ケーブル装荷ケーブルプルサーマル電気機関車燃料集合体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

装荷の関連情報