減衰(読み)げんすい(英語表記)attenuation; damping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「減衰」の解説

減衰
げんすい
attenuation; damping

エネルギーが消散して現象が次第に縮小することをいう。たとえば振動振幅が時間の経過とともに次第に小さくなるときは,減衰振動と呼ばれる。機械系では摩擦,電気系では抵抗などが減の原因であるが,それらを適当に与えることにより,不必要な振動などの望ましくない現象を消滅させることができる。減衰の度合いは減衰定数によって表わされる。減衰によって電流電圧を小さくする装置減衰器という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「減衰」の解説

げん‐すい【減衰】

〘名〙 次第に減少していくこと。だんだんおとろえていくこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「是に因て銕を資用する高、自然に減衰の景況なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「減衰」の解説

減衰

伝送路上を流れる電気信号が、距離が延びることによって弱くなること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android