コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裸黒穂病(ブロムグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

裸黒穂病(ブロムグラス)

子実が黒粉化する糸状菌病。開花時に感染し、子房が膨らむと共に内部が黒粉化し、表皮が破れて黒粉(黒穂胞子)が飛散する。激発すると穂全体が発病し、穂軸だけが残される。菌糸の形で種子伝染し、黒穂胞子は土中で長期間生存する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

裸黒穂病(ブロムグラス)の関連キーワード黒穂病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android