コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製造プロセス せいぞうぷろせす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

製造プロセス

「~μm製造プロセスの」などと既述されるが、正しくはプロセスルールという。CPUなどの半導体を製造する際の基本的な線の太さを表わす。この値が小さいほど、チップのサイズは小さくなり、1枚のシリコンウェハから大量に採れるようになる。また、小型化することでクロック周波数が上げやすくなり、消費電力や発熱も低減できる。現行のPentium 4は0.13μmのプロセスルールで製造されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいぞう‐プロセス〔セイザウ‐〕【製造プロセス】

集積回路の製造装置の微細加工技術を表す指標。シリコン上に引く線の幅を指す。この値が小さいほど消費電力が小さく、動作速度が速い。プロセスサイズ。プロセスルール。プロセス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

製造プロセスの関連キーワードPentium Processor with MMX Technologyクリーナー・プロダクションコスト・リーダーシップ戦略デジュアリー・スタンダードメイド・イン・ザ・ワールドPentium III日産ディーゼル クオン低温ポリシーリコン液晶国際宇宙ステーションAMDClarkdaleAMDポリプロピレンポリ塩化ビニルAMDポリエチレンイーストマンポリスチレンプラスチック石油化学工業

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android