消費電力(読み)しょうひでんりょく

電気・電力用語「消費電力」の解説

消費電力

電気器具を動かすときに使われる電力のことで、単位W(ワット)です。消費電力(しょうひでんりょく)とよく似(に)たものに消費電力量があります。単位はWh(ワットアワーあるいはワット時)です。消費電力量は、消費電力と使用時間の積(せき)で計算します。
消費電力量=消費電力×時間量
ここに白熱電球があります。ガラスの表面に100V 60Wと書いてあります。100ボルトの電気で使うときの消費電力が60ワットということです。この白熱電球を4時間つけた場合の消費電力量は
60W×4(h)=240Whとなります。

出典 東京電力ホームページ電気・電力用語について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「消費電力」の解説

消費電力

使用する電力の量を表す単位。電圧(V)×電流(Ah)で求められ、W(ワット)で表す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「消費電力」の解説

しょうひ‐でんりょく セウヒ‥【消費電力】

〙 電気製品などで、実際に使われる電力。単位はワット(W)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android