コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西欧主義 セイオウシュギ

デジタル大辞泉の解説

せいおう‐しゅぎ【西欧主義】

19世紀中葉のロシアに興った思潮。スラブ主義に対立し、ロシアの後進性は西欧的な道によって克服すべきであるとした。
一般に、西欧文化を崇拝する立場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいおうしゅぎ【西欧主義】

一九世紀中葉のロシアの思想上の一潮流。ロシアの後進性を西欧をモデルに打破しようとする思想。 → スラブ主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西欧主義の関連キーワードカベーリン(Konstantin Dmitrievich Kavelin)ソロビヨフ(Sergey Mihaylovich Solov'yov)プジャンガ・バルベリンスキーナチス西欧派カセム思潮

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西欧主義の関連情報