立場(読み)たちば

精選版 日本国語大辞典「立場」の解説

たち‐ば【立場】

〘名〙
① 立っている場所。また、立つための場所。
※日葡辞書(1603‐04)「Tachibauo(タチバヲ) サラズ ウチジニ シタ」
② その人の置かれている地位や状況。また、その人の面目などもいう。立端。
※葉隠(1716頃)五「皆々立場を忘れ、泣沈み罷在候を」
③ 物の見方のよりどころ。見地。観点。考え方。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「立場を換へて見れば此位単純な事実は彼等の社会に日夜間断なく起りつつある」
※本福寺跡書(1560頃)生身御影様大津浜御著岸之事「上乗をうりかいにして、たちばたちばをさうこくして、命を果こと度々なり」
⑤ 縁日や祭礼などの雑踏している場所、また、そのような場所に横行するすりをいう、てきや・盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕 〔モダン新用語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立場」の解説

たち‐ば【立場】

人の立つ場所。立っている所。
その人の置かれている地位や境遇。また、面目。「苦しい立場に追い込まれる」「負けたら立場がない」
その状況から生じる考え方。観点。立脚点。「医者の立場からの発言」「賛成の立場をとる」「第三者の立場

たて‐ば【立(て)場/建場】

江戸時代、宿場と宿場の間の街道などで、人足駕籠(かご)かきなどの休息した所。明治以後は人力車や馬車などの発着所をいう。
人の多く集まる所。たまり場。
位置。たちば。
業者がその日に集めた廃品を買い取る問屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android