コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見徳 ケントク

デジタル大辞泉の解説

けん‐とく【見徳】

江戸時代にあった富くじの一。
富くじの当たりはずれを占うこと。また、前触れ。前兆。縁起。
「手代どもまでに言ひ付け、―の悪い夢をいくらも買ひ」〈黄・金生木〉
賢徳(けんとく)2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんとく【見徳】

富くじの当たりはずれを予測させる前触れ。また、富くじのこと。 「第六天の-にええの/黄表紙・見徳一炊夢」
前兆。予感。縁起。 「これは何でもいい-だ/咄本・鯛の味噌津」
江戸時代、天明(1781~1789)頃に流行した、もぐりの富くじの一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見徳の関連キーワード朋誠堂喜三二結構を尽くす呆れもせぬ手柄岡持気取り狂言面一切り女郎衆疎抜く腹脹れ代物大通賢徳富籤名取南一咄本

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android