コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覗き眼鏡 ノゾキメガネ

大辞林 第三版の解説

のぞきめがね【覗き眼鏡】

箱の一方に凸レンズを取り付け、他方に絵をはめ込んで、拡大して見せる装置。覗き機関からくりを含めていうこともある。 → 眼鏡絵
水中・海中を見られるように、底にガラスを張った箱。箱めがね。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

覗き眼鏡の関連キーワード覗き絡繰り凸レンズ覗き機関箱眼鏡

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android