コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角島大橋 ツノシマオオハシ

デジタル大辞泉の解説

つのしま‐おおはし〔‐おほはし〕【角島大橋】

山口県西部、下関市豊北町神田と同町角島間に架かる橋。全長1780メートル。平成12年(2000)完成。沖縄県国頭(くにがみ)郡今帰仁(なきじん)村の古宇利(こうり)島と名護市の屋我地(やがじ)島とを結ぶ古宇利大橋(全長1960メートル)が平成17年(2005)に開通するまでは、わが国一般道で通行料無料の最長の橋だった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

角島大橋の関連キーワード山口県下関市豊北町角島鳩島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角島大橋の関連情報