コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最長 サイチョウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐ちょう〔‐チヤウ〕【最長】

いちばん長いこと。また、長い所。「日本最長の川」⇔最短
いちばん年上であること。最年長。⇔最少
もっともすぐれていること。いちばんの長所。
「孝養は百行(ひゃくかう)の―」〈盛衰記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいちょう【最長】

最も長いこと。 ⇔ 最短 「日本-の橋」
最も年上のこと。最年長。 ⇔ 最少
最もすぐれていること。 「孝養は百行の-、竜天必ず哀愍す/盛衰記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

最長の関連キーワードAppleCare延長保証制度小海リエックス・スキーバレーIOXウイングヒルズ白鳥リゾートみやぎ蔵王えぼしスキー場いいづなリゾートスキー場開田高原マイアスキー場ゴッタルド基底トンネルわかさ氷ノ山スキー場ユートピアサイオトひめかゆスキー場高鷲スノーパークスキージャム勝山任意継続被保険者ヘルマンド[川]ザイオン国立公園菅平高原スキー場バッケンレコード総合支援資金制度アイディタロッド

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最長の関連情報