言ば世の常(読み)いえばよのつね

精選版 日本国語大辞典「言ば世の常」の解説

いえ【言】 ば 世(よ)の常(つね)

言葉に出して言うと平凡なものになって、とても言葉には尽くせない。言うも。言えばおろか。
※枕(10C終)一四二「かいねりのつや下襲(したがさね)などの乱れあひて、〈〉いへばよのつねなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android