言ば世の常(読み)いえばよのつね

精選版 日本国語大辞典「言ば世の常」の解説

いえ【言】 ば 世(よ)の常(つね)

言葉に出して言うと平凡なものになって、とても言葉には尽くせない。言うも世の。言えばおろか。
※枕(10C終)一四二「かいねりのつや下襲(したがさね)などの乱れあひて、〈略〉いへばよのつねなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android