コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ふ許り無し イウバカリナシ

デジタル大辞泉の解説

いうばかり‐な・し〔いふばかり‐〕【言ふ許り無し】

[形ク]《古くは「いうはかりなし」》言葉で言い尽くせない。言いようがない。
「木の皮、こけの衣をきて、―・きものから、ただの人に見えず」〈宇津保・吹上下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いうばかりなし【言ふ許り無し】

( 形ク )
〔古くは「いうはかりなし」〕
言葉では言い尽くせない。なんとも言いようがない。 「悲しとも-・し/平家 灌頂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

言ふ許り無しの関連キーワード灌頂

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android