言葉の引っ放し(読み)コトバノヒッパナシ

デジタル大辞泉の解説

ことば‐の‐ひっぱなし【言葉の引っ放し】

言葉のはしばし。
「どこやら―、残る所が武士形気」〈浄・宵庚申

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例