コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠め ナガメ

デジタル大辞泉の解説

ながめ【詠め】

詩歌口ずさむこと。また、詩歌を作ること。
「摂政公の―に(心ヲ)奪はれ」〈笈の小文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながめ【詠め】

〔動詞「詠む」の連用形から〕
声を長くのばして歌を口ずさむこと。 「わが君、のたまへ。まろが-は、まづ更に更に不用/狭衣 1
まれた歌。詠歌。 「摂政公の-にうばはれ/笈の小文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詠めの関連キーワード鹿津部真顔心に任せる有りける柴田南雄コリンズ心病むムクゲヤナギ喜撰小文後朝赤米異時彼此餅酒狭衣

詠めの関連情報