小文(読み)ショウブン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぶん〔セウ‐〕【小文】

ごく短い文章。
自分の文章をへりくだっていう語。「小文にご高評を賜る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぶみ【小文】

書状の形式の一。鳥の子・杉原紙などを半分に切り、一方に文を書き、残りを上巻きに用いる。

しょうぶん【小文】

短い文章。些事さじを扱った文。
自分の文章をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ぶみ【小文】

〘名〙 半切紙(はんきりがみ)を用いた書状。半切りのひねり文。
※親元日記‐寛正六年(1465)九月一一日「九州少弐方え御状事、以備前殿之。大概案文有之、小文也」

しょう‐ぶん セウ‥【小文】

〘名〙
① ちょっとした文。短い文章。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉一「我は宛(あたか)も故郷なる小文を書きつつ」
② 自分の文章をへりくだっていう語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小文の関連情報