コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小文 ショウブン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぶん〔セウ‐〕【小文】

ごく短い文章。
自分の文章をへりくだっていう語。「小文にご高評を賜る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぶみ【小文】

書状の形式の一。鳥の子・杉原紙などを半分に切り、一方に文を書き、残りを上巻きに用いる。

しょうぶん【小文】

短い文章。些事さじを扱った文。
自分の文章をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小文の関連キーワードクーリエ(Paul常磐津 文字太夫(7代目)市川 新之助(5代目)桂 文三(2代目)桂 文吾(4代目)桂 文枝(3代目)吉田玉五郎(2代)桂 万光(3代目)桂 文吾(5代目)桂 文三(4代目)中村鶴助(4代)桂文枝(2代)桂文枝(5世)桂文枝(5代)桐竹紋十郎更科紀行犬川荘介笈の小文河合乙州川井乙州

小文の関連情報