コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩歌 シイカ

デジタル大辞泉の解説

しい‐か【詩歌】

《「しか(詩歌)」の慣用読み
漢詩と和歌。「詩歌管弦の遊び」
詩・和歌・俳句など韻文の総称。「近代詩歌の流れ」
[補説]書名別項。→詩歌

し‐か【詩歌】

しいか(詩歌)

しいか【詩歌】[書名]

日本の短歌雑誌。明治44年(1911)4月、前田夕暮主宰により創刊。同人には尾山秋人、富田砕花室生犀星萩原朔太郎、川上小夜子らがいる。夕暮没後、息子の前田透復刊・主宰。昭和59年(1984)、前田の死去に伴い廃刊

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

詩歌

詩歌には、主に和歌俳句が挙げられます。「和歌」とは、漢詩に対して、奈良時代までに発生した日本固有の詩歌のことを指します。「長歌」・「短歌」・「旋頭歌〔せどうか〕」・「片歌」などの総称ですが、今日ではもっぱら短歌の事を指します。「俳句」とは、五・七・五の一七音を定型とする日本固有の短い詩の事です。連歌発句〔ほっく〕の形を継承したもので、季語や切字〔きれじ〕を詩の中に詠み込むのを原則としています。「和歌・俳句」は、日本固有の詩の形として、万葉の時代から人々に詠まれ、愛されています。日本文化いろは事典では、日本特有の詩歌を「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」表現技法など、という内容でご紹介しています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しいか【詩歌】

〔「しか(詩歌)」の慣用読み〕
和歌・俳句・詩など韻文の総称。
和歌と漢詩。 「 -管弦の遊び」

しか【詩歌】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩歌
しいか

短歌雑誌。1911年(明治44)4月、前田夕暮(ゆうぐれ)の白日社(はくじつしゃ)から創刊。創刊同人は夕暮のほか尾山秋人(しゅうじん)(篤二郎(とくじろう))、富田砕花(さいか)、近藤元(はじめ)、狭山信乃(さやましの)ら。第1期(1918年10月まで)は夕暮の、自然主義から外光派への転移時代で、山村暮鳥(ぼちょう)、室生犀星(むろうさいせい)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らも活躍した。第2期(1928年4月~57年5月)の前半は、夕暮の自由律短歌運動の時代で、立原道造(みちぞう)も加わった。この間、夕暮は没し(1951)、67年(昭和42)以降は長子の前田透(とおる)が復刊、主宰した。『詩歌』系歌人には、熊谷武雄(くまがいたけお)、金子不泣(ふきゅう)、米田雄郎(ゆうろう)、矢代東村(やしろとうそん)、中島哀浪(あいろう)、川上小夜子(さよこ)、原三郎、香川進、中野嘉一(かいち)らがいる。84年1月に透は輪禍にて没、追悼号をもって廃刊。[前田 透・篠 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の詩歌の言及

【詩】より

…詩という呼称はもともと中国の文芸上の一様式をさすものであり,江戸時代までは詩といえばいわゆる漢詩をさしていたが,明治以降,西欧文芸におけるポエトリーpoetry(英語)またはポエジーpoésie(フランス語)の理念が導入された結果,現在では,詩といえば狭義には文芸の一部門としての新体詩およびそれ以後の近代詩,現代詩をさしながら,広義には言語芸術のうちで散文に対立する韻文芸術の総体を包括的にさすこともある言葉となった。しかし日本固有の韻文芸術は伝統的に詩とは呼ばれず,歌や句といった別種の呼称を現在でも守っているから,狭義の詩はしばしば短歌や俳句や歌謡と並ぶ表現様式の一つとして扱われる一方,広義の詩を言いあらわすためには便宜的に〈詩歌〉という言葉が使われたりする。さらに,具体的な個々の作品としてのポエムpoem(英語),poème(フランス語)と,抽象的な概念としての前記ポエトリーまたはポエジーが,日本語ではともに詩と呼ばれていることも,問題の所在をわかりにくくしている。…

※「詩歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詩歌の関連キーワードポエトリー陥め句詠史長編詠物詞客佳句吟詠しい感吟短章短編句末漫吟唱詠詩料名歌吟興吟句口吟

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩歌の関連情報