コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)売り ヨミウリ

デジタル大辞泉の解説

よみ‐うり【読(み)売り】

江戸時代、世間出来事を速報した瓦版1枚または数枚刷りの印刷物を、内容を読み聞かせながら売り歩いたこと。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

読(み)売りの関連キーワードオッペケペ新保広大寺弥三郎節江戸時代心中

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android