コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論語集注 ろんごしっちゅう

大辞林 第三版の解説

ろんごしっちゅう【論語集注】

「論語」の注釈書。一〇巻。宋の朱熹著。従来の字句の解釈とは違って新しい儒教哲学の体系から注釈・解説を施したもの。「論語正義」(古注)に対して新注と呼ばれた。日本には鎌倉時代に伝えられ、室町・江戸時代に広く学ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

論語集注の関連キーワード孔門の十哲江戸時代金口木舌四書集注鎌倉時代主一無適経学集注室町古注新注字句論語