コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論語集解 ロンゴシッカイ

世界大百科事典 第2版の解説

ろんごしっかい【論語集解 Lún yǔ jí jiě】

中国,魏の何晏(かあん)(?‐249)の著書。10巻。《論語》の完全な注釈として現存最古のもの。朱熹の注に対して古注とよばれ,古義を知るための最善の書である。漢から魏までの孔安国馬融,包咸,氏,鄭玄(じようげん),陳群,王粛,周生烈の八家の説を抜粋して集め,自説を加えている。《論語義疏》と宋の邢(けいへい)(932‐1010)の《論語正義》などがこれにもとづいて作られた。日本では古鈔本が多く,また1364年(正平19∥貞治3)の刊本が最古のものとして現存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろんごしっかい【論語集解】

「論語」についての漢・魏の注釈を総合した注釈書。一〇巻。三国時代の何晏かあん?~249)らの編。論語古注のうちで、まとまったものとしては最古。これをさらに解説したものが梁の皇侃おうがんの「論語義疏」で、のちに宋の邢昺けいへい930~1012)が改定して「論語正義」となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の論語集解の言及

【論語】より

…後漢では都の太学の前に石経として本文が刻まれ(175),また注釈も多く作られるようになった。それらの注釈はほとんど滅びたが,魏の何晏(かあん)の《論語集解(しつかい)》は漢の孔安国や鄭玄(じようげん)(鄭注とよばれ,敦煌からの発見と近年のアスターナの発見とで約2分の1が残る)など八家の注に自説を加えたもので,古注の代表として今日まで伝わっている。 やがて南宋の朱熹(しゆき)(子)によって朱子学が成立し《論語集注》(新注)が著されると(13世紀),五経に代わって四書が重視され,《論語》はその筆頭として絶対の権威をもつようになった。…

※「論語集解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

論語集解の関連キーワード神は非礼を受けず阿佐井野宗瑞曾我部容所道祐(2)吉田篁墩堺(市)岩垣竜渓要法寺版正平版私版何晏語義経学

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android