コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃衆 さんじゅ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しゅ【×讃衆】

法会などの席でを唱える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の讃衆の言及

【讃】より

…讃の初句は讃頭(さんどう)の役が唱え,そのあと職衆(しきしゆう)一同が唱和し,曲が終わった所で鈸(はち)(または鈸と鐃(によう))で一定の曲節を奏するのが定型となっている。なお讃を唱和する役を他の職衆ととくに区別する場合は,讃衆(さんじゆ)と称する。〈讃〉の字を用いる和文の声明曲に和讃の類と讃嘆(さんだん)の類があるが,これらは漢語讃や梵語讃とは曲節の形が違うので,讃の中に加えないほうが妥当である。…

【大衆】より

…法要の出勤者を指す職衆(しきしゆう),衆僧,列僧などもほぼ同様の意味合いである。声明の斉唱者集団は,讃衆,散花(さんげ)衆,梵音(ぼんのん)衆,平(ひら)衆などと称することもある。衆徒大衆(しゅとだいしゅう)【高橋 美都】。…

※「讃衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

讃衆の関連キーワード法会大衆

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android