コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さん

讃とも書く。漢文文体の一種。人または事物を称揚する意味で,元来神明に捧げる辞。絵画では画面の中に書かれた詩,歌,文をさす。中国画で書画一致の思想が発展するにつれて宋時代に完成し,これが日本に伝えられ,特に室町時代頂相 (ちんぞう) や水墨画に盛んに行われた。画家自身が書くのを自賛,賛文を書くことを着賛,賛を求めることを請賛という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん【賛/×讃】

ほめたたえること。また、その言葉。「バッハ―」
漢文の文体の一。人物や事物をほめる際の文章。多く、4字1句で韻を踏む。
画面の中に書きそえた、その絵に関する詩句。画賛。
仏・菩薩(ぼさつ)の徳をたたえる言葉。
論評。批評。
「出口の茶屋に腰掛けながら、朝帰りの客に―付くるに」〈浮・諸艶大鑑・一〉

さん【賛〔贊〕】[漢字項目]

[音]サン(呉)(漢) [訓]ほめる たたえる たすける
学習漢字]5年
わきから力を添えてたすける。同意する。「賛意賛成賛同賛否協賛翼賛
ほめたたえる。「賛歌賛辞賛嘆賛美称賛賞賛絶賛礼賛
人物などをたたえる文章。「論賛
絵に添える詩文。「画賛自画自賛
[補説]24は「讃(さん)」と通用する。
[名のり]あきら・じ・すけ・たすく・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さん【賛 zàn】

中国の韻文の文体の一種。讃とも書く。人や物を賛(たた)え美(ほ)めることを本質とする。賞賛を主とする点では〈(しよう)〉に共通する。《文心雕竜(ちようりよう)》では,頌とともに頌讃篇が設けられており,《文選(もんぜん)》では巻四十七に頌と賛が収められている。かならず4字句から構成され,偶数句で脚韻を踏む。10句前後の短いものが多いが,なかには《文選》に収められる夏侯湛(かこうたん)の《東方朔画賛》などのように,かなり長い作品もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賛の関連情報