コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貧し マドシ

デジタル大辞泉の解説

まど・し【貧し】

[形シク]
貧乏である。まずしい。
「あはれ、身―・しくして、子多く持ちたる人もがな」〈太平記・三八〉
不十分である。
「財(たから)多ければ、身を守るに―・し」〈徒然・三八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まどし【貧し】

( 形シク )
〔「まづし」の転〕
乏しい。不足だ。不十分だ。 「財多ければ身を守るに-・し/徒然 38

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貧しの関連キーワード嘉村礒多(1897~1933)クラテス(テーベのクラテス)テオロギア・ゲルマニカヘンゼルとグレーテルジャン・バルジャンイン・ザ・ゲットー社会的アンバランス華麗なるギャツビーフィリピンの教育ドイ・モイ政策田舎司祭の日記ゾーシチェンコレ・ミゼラブルヌサイリー派ザミャーチンガルブレースアラウィー派カール マイ手鍋下げても紙子四十八枚

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貧しの関連情報