コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金労働 チンギンロウドウ

デジタル大辞泉の解説

ちんぎん‐ろうどう〔‐ラウドウ〕【賃金労働】

賃労働」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賃金労働の言及

【資本論】より

…それはまた,労働者に対して,自分の能力を自分のものとして,商品として処分しうる,自由・平等な,商品所有者および契約の主体としての独立な人格を設定することになっている。ところがマルクスはこれを,流通(売買)の世界だけで成り立つ,ブルジョア的・形式的な,自由・平等・所有として軽蔑し,工場の内部では,彼自身が慎重に奴隷労働と区別した賃金労働を奴隷労働または強制労働として,語るのである。 ところで労働者に対して商品所有者および契約の主体としての人格を設定するということは,労働者が自主的な選択をして職業に就き,衣・食・住の有効需要を形づくり,自由に情報と言論を買い,出・入国など,生活のあらゆる領域で,一口にいって〈票(ボート)〉を自由に行使する権利をもつことを意味する。…

※「賃金労働」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賃金労働の関連キーワード農奴制マニュファクチュア外国人研修・技能実習制度マニュファクチュア不変資本・可変資本クラフト・ユニオンプロレタリアート研修技能実習制度問屋制家内工業AFL‐CIO日本之下層社会ブルジョアジー労働時間統計独立自営農民労働費用調査家内労働条約プロレタリアイランの難民技能実習制度日本農民党最低賃金制

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賃金労働の関連情報