コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い卵を持つ番人

デジタル大辞泉プラスの解説

赤い卵を持つ番人

イタリア系アルゼンチン人の女性画家レオノール・フィニの絵画(1955)。原題《La gardienne à l'œuf rouge》。『赤い卵を守る女』とも呼ばれる。横向きに跪いて両手で卵を持つ女性の姿が神秘的、幻想的な画風で描かれている。パリ、個人所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android