赤禍(読み)セッカ

大辞林 第三版の解説

せきか【赤禍】

せっか【赤禍】

共産主義的な社会体制や思想のもたらす害。資本主義・自由主義の立場からいう。せきか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐か セキクヮ【赤禍】

〘名〙 (「赤」は共産主義の意) 資本主義社会自由主義社会からみて、共産主義を取り入れたり押しつけられたりした場合におこるわざわいや不幸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android