赤道半径(読み)せきどうはんけい

大辞林 第三版の解説

せきどうはんけい【赤道半径】

地球の中心と赤道を結んだ長さ。地球を回転楕円体と見た場合の長軸。約6378キロメートルで、極半径より約21キロメートル 長い。長半径。 → 極半径地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せきどう‐はんけい セキダウ‥【赤道半径】

〘名〙 地球赤道を円とみなしたときの半径。約六三七八・三九キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android