コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道半径 せきどうはんけい

大辞林 第三版の解説

せきどうはんけい【赤道半径】

地球の中心と赤道を結んだ長さ。地球を回転楕円体と見た場合の長軸。約6378キロメートルで、極半径より約21キロメートル 長い。長半径。 → 極半径地球

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤道半径の関連キーワードベッセル楕円体クレローの定理月(天体)測地基準系標準楕円体地球楕円体国際楕円体アルタイル回転楕円体太陽視差天王星長半径扁平率極半径扁平度冥王星海王星金星扁率火星

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android