半径(読み)ハンケイ

デジタル大辞泉 「半径」の意味・読み・例文・類語

はん‐けい【半径】

円または球の中心点から、その円周上または球面上の一点に至る線分。また、その長さ。直径半分
活動する範囲を円に見立て、その広さを示すときに用いる語。「行動半径

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「半径」の意味・読み・例文・類語

はん‐けい【半径】

  1. 〘 名詞 〙 円または球で、中心から円周または球面上に至る線分。また、その長さ。直径の半分のこと。
    1. [初出の実例]「是月天より地の半径を見たる」(出典:暦象新書(1798‐1802)中)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「半径」の意味・わかりやすい解説

半径【はんけい】

(または)の中心と,円周(または球面)上の一点を結ぶ線分。またその長さ,つまり直径の半分。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の半径の言及

【円】より

…なお,円の内部,すなわち円板から円周を除いた残りの図形を開円板という。円の中心Oと円周上の1点Pを結ぶ線分OPを半径といい,円周上の2点A,Bを結ぶ線分ABがOを通るとき,線分ABを直径という。半径の長さ,直径の長さもまた同じく半径,直径と呼ばれる。…

【球】より

…空間において,1定点から一定の距離にある点の全体を球面または球といい,定点をその中心という。中心と球面の点を結ぶ線分またはその長さを半径といい,球面の2点を結ぶ線分が中心を通るとき,この線分またはその長さを直径という。中心からの距離が半径より小さい点の全体を球面の内部,大きい点の全体を球面の外部という。…

※「半径」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android