赤道(読み)せきどう

日本大百科全書(ニッポニカ)「赤道」の解説

赤道
せきどう

地球自転軸が地球を貫く点(南北極)から角度90度の点を結んだ線を地球の赤道といい、この赤道を天球に広げて天球と交わった線を天の赤道という。古代中国の星図で、天球の赤道を赤線で描いたことに由来する。地球は扁平(へんぺい)な三軸不等の楕(だえん)体で、赤道半径は6378キロメートル、極方面の半径はこれより294.118分の1短い。地球自転軸に垂直でかつ地球中心を通る面を赤道面という。太陽、月、惑星など大きさをもつ天体にも、地球の赤道、赤道面の定義を準用して、それぞれの天体の赤道(面)を定義している。地球の赤道面楕円の扁平率は9万分の1で、赤道面楕円の長軸は西経15度の方向を向いている。

[若生康二郎]

地理

地球の地軸の中心を通り、地軸に対して直角に切る平面と地表との交線をいう。緯度の基準となり、緯度0度にあたる。赤道面は地球の公転軌道面に対して23度26分の傾きをもっている。赤道は年2回(春分の日と秋分の日)、太陽の直射を受けるほか、夏至(げし)や冬至(とうじ)の日でも太陽高度が高いので、赤道付近は熱せられて、上昇気流が生じ、赤道無風帯あるいは赤道低圧帯を形成する。そのため一般に雨量が多く、年降水量2000ミリメートル以上の地域が多く、毎日のようにスコールがあり、いわゆる高温多湿の熱帯雨林気候となり、その地域の植生は熱帯雨林を形成する。

[市川正巳・若生康二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「赤道」の解説

せき‐どう ‥ダウ【赤道】

〘名〙
① 赤道面が地表面と交わる線。春分または秋分のとき太陽は真上を通る。緯度の基準線。赤道線。
※管蠡秘言(1777)「運行〈略〉南極・北極の間の正中を赤道と名づく。日輪此道を行(めぐ)るとき、昼夜平分なり」
② 赤道面が天球と交わる線。赤緯の基準線。天の赤道。
※乾坤弁説(1656)利「弁説、右南蛮学士の説如此、其云、日夜等分の筋と云は、儒家に赤道と云もの也、此赤道天の南北の中分に当る也」 〔書経疏‐洪範〕
③ 数学で、球座標において、動径をγ、北極からの角度を用いた緯度を、経度をθとする時、=90° の面をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「赤道」の解説

赤道
せきどう
equator

一般に自転している球体あるいは回転楕円体対称軸に垂直な対称切断面による切り口として生じる円をいい,地球上では地心を通り地軸に垂直な平面の地表との交わりがこれにあたる。天文学上では主として地球の自転軸に垂直な平面が天球と交わってできる大円を赤道あるいは特に天の赤道といい,球面天文学において最も重要な座標の基準となる。天の赤道は自転軸の歳差によって約2万 6000年の周期で移動し,また章動によって約 19年周期で変化する。この章動による変化を考慮せず歳差だけを考慮したものを平均赤道といい,真の赤道と区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「赤道」の解説

赤道【せきどう】

(1)地球の中心を通り地球の自転軸と垂直な平面(赤道面)が地球表面と交わる線。(2)天の赤道は地球の赤道面を延長して天球と交わった大円。天の南北極に直角な大円で,天球を2等分する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「赤道」の解説

せきどう【赤道 equator】

地球の中心を通って地球の自転軸と垂直な平面が地球の表面と交わる大円。これを延長して天球と交わった大円が天の赤道である。地球上の赤道は地球表面に固定していて変化しないが,地球の自転軸が極運動によって空間に対して変化するし,歳差や章動によっても同じように変化するので,星に対しての天の赤道の位置は変動する。これらの周期的な変動分をならしたものを平均赤道と呼び,見かけのものを視赤道と呼んでいる。一般の天体,すなわち太陽,月,惑星などの場合にも地球における赤道の定義を準用して,それぞれの天体の赤道を定義している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android