コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業投下労働単位規模別分類

1件 の用語解説(農業投下労働単位規模別分類の意味・用語解説を検索)

農業関連用語の解説

農業投下労働単位規模別分類

農業経営に投下された総労働量を標準化した値で比較するため、2000年世界農林業センサスから採用した。年間農業労働時間1,800時間(1日8時間換算で225日)を1単位の農業労働単位とし、農業経営に投下された総労働日数を225日で除した値により分類を行うものである。

出典|農林水産省
※本用語集は、農林水産省ホームページに掲載している農林水産業及び農林水産施策情報等の参考として作成したものです。このため、本用語集中の用語説明は一般的に使われている意味と異なる場合もあります。
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業投下労働単位規模別分類の関連キーワードATA集約農業農業経営改善計画農業経営基盤強化促進基本方針(基本方針)農業所得農業経営者農業生産関連事業一世代家族経営二世代家族経営三世代等家族経営

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone