コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準化 ひょうじゅんか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

標準化

複数の要素間で、仕様や構造、形式を同じものに統一すること。標準化は、業務、製品などで行われている。業務の場合、作業の効率化を目的として、書類の標準化などを行う。製品の場合、生産者、消費者にとってそれぞれメリットを得るために標準化が行われる。たとえば、標準化されたパソコン製品を利用する場合、生産者にとっては、仕様に合わせた製品を作り分けるという無駄を省けるなどの利点がある。消費者にとっては、情報や資源を共有でき、また標準化されたものの操作方法を覚えることで複数の製品に対応できるという利点がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐か〔ヘウジユンクワ〕【標準化】

[名](スル)
標準に合わせること。また、標準に近づくこと。「まちまちの技術力を標準化する」
工業製品などの質・形状・大きさなどについて標準を設け、それに従って統一すること。「商品の規格を標準化する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

標準化

 規格化も近い意味.基準にあうように行う処置.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんか【標準化 standardization】

標準standardを設定し,これを活用する組織的な行為。ここでいう標準は,測定標準(測定にあたって基準として用いる量,つまり単位の大きさを表す方法またはもの)と,規格・規定と呼ぶものとに区別できる。
[測定標準]
 最も初期の長さの単位であるエジプトキュービットEgyptian cubitは,人間の中指の先端から〈肘(ひじ)〉までの長さであった。そしてこの単位の大きさを決めるときの基準となる人間は,支配者,予言者,大地主といったような地方ごとの主要人物であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんか【標準化】

( 名 ) スル
個々のものが標準的なところに近づいていくこと。また、個々のものを標準的なところに近づけること。 「テレビの発達で地方文化が次第に-していく」
標準を決めて資材・製品などの規格や種類を統一すること。
テストで得られた得点が集団全体の中でどのような位置づけであるかがわかるように、集団基準を作成すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準化
ひょうじゅんか
standardization

生産の場で製品,部品,原材料,機械設備,作業方法,事務手続などを単純化したり規格化したり専門化したりして,標準的なものとすること。これらの標準化によって生産の効率化,合理化ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標準化
ひょうじゅんか
standardization

材料・設備・製品などの仕様、作業方法、業務手続などの標準(いわゆる、規格や測定基準)を合理的に設定し、活用するための組織的な行為をいう。標準化を実施することによって、計画や統制業務が容易になり、作業の熟練が迅速になり、部品の互換性が増して在庫が減少し、量産が可能となり、さらに原価低減・品質向上が期待できる。したがって材料・部品・製品・機械設備・生産工程ばかりでなく、作業方法・事務処理手続・配置・組織・機能・管理方式・評価方式・用語・記号・帳票など、経営のあらゆる分野について標準化を行う必要がある。標準化は、各企業体レベル、各業界レベル、さらには国家や各国共通レベルで、統一した規格を実施すれば、よりいっそうの効果がある。日本では、工業標準化法によりJIS(ジス)(日本工業規格)が制定されている。[玄 光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の標準化の言及

【科学技術政策】より

…48年商工省の外局として12の試験研究機関を集めて工業技術庁が設置され,民間の研究助成を含め所掌の技術行政を進めることとした。また49年には工業標準化法を制定してJIS(ジス)(日本工業規格)を決定し,生産・消費の合理化を図った。一方,科学技術行政を総合的に推進する行政機関を設置しようとする動きが国会,産業界を通じて高まって,原子力開発発足と相まって,関係機関を統合して科学技術庁の新設(1956)となった。…

※「標準化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標準化の関連情報