迎え鐘(読み)ムカエガネ

大辞林 第三版の解説

むかえがね【迎え鐘】

精霊会しようりようえのとき、御霊みたまを迎えるためにつき鳴らす鐘。特に8月8~10日、京都東山の六道珍皇寺で行われるものが有名。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android