コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精霊会 ショウリョウエ

デジタル大辞泉の解説

しょうりょう‐え〔シヤウリヤウヱ〕【精霊会】

盂蘭盆(うらぼん)
(「聖霊会」と書く)陰暦2月22日の聖徳太子の忌日に、法隆寺四天王寺などで行われる法会。現在は4月12日に行われる。上宮太子会。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精霊会
しょうりょうえ

別名盂蘭盆会(うらぼんえ)ともいい、先祖たちの霊を祀(まつ)る法会。盂蘭盆は梵語(ぼんご)ウランバナullambana(烏藍婆拏)の音訳で、ひどい苦しみを意味し、漢訳して倒懸(とうけん)(さかさつり)という。仏弟子目(もくけんれん)がその死んだ母の倒懸の苦を救おうとして、7月15日、自恣(じし)(僧が互いに懺悔(さんげ)を行い他の僧から訓戒を受ける行事)に集まった衆僧に百味飲食(ひゃくみのおんじき)を供養したという『仏説盂蘭盆経』の故事に基づいて行われたもの。日本では606年(推古天皇14)の『日本書紀』の記事が初見。[新谷尚紀]
『「先祖の話」(『定本柳田国男集10』所収・1962・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の精霊会の言及

【盂蘭盆会】より

…陰暦7月15日を中心に行われる祖霊供養の法会。盂蘭盆供会,盂蘭盆祭ともいい,略して盂蘭盆と称し,広く魂祭(たままつり),精霊会(しようりようえ),お盆などといわれる。 盂蘭盆はサンスクリットavalambanaの転訛したullambanaの音写とされ,倒懸(さかさづり)の意で,《盂蘭盆経》によると,目連が餓鬼道に落ちた母の倒懸の苦しみを救おうとして,釈迦の教えに従って祭儀を設けて三宝に供養したことが起源であると説かれてきた。…

※「精霊会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

精霊会の関連キーワードショウリョウバッタショウリョウトンボ精霊会・聖霊会聖霊会盂蘭盆迎え鐘倒懸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android