コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追河 オイカワ

デジタル大辞泉の解説

おい‐かわ〔おひかは〕【追河】

コイ科の淡水魚。全長約15センチ。体は長く側扁し、背は暗緑色、腹は銀白色。6~8月の産卵期のには、濃い赤と青の婚姻色や追い星が現れる。代表的な釣り魚で、関東以南の河川に多い。やまべ。はえ。はや。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいかわ【追河】

コイ目の淡水魚。全長15センチメートルほど。背面は暗青色、腹面は銀白色。口ひげはなく、尻しりびれが大きい。繁殖期の雄は追い星と体側に美しい赤・青・緑の婚姻色がでる。河川の中流や湖沼にすむ、釣りの対象魚。食用にもする。本州から九州までと中国・朝鮮半島に分布。関東ではハヤ・ヤマベ、琵琶湖では生殖期の雄をオイカワ、雌または幼魚をシラハエと呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

追河 (オイカワ)

学名:Zacco platypus
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

追河の関連キーワードシラハエ朝鮮半島オイカワ口ひげ繁殖期琵琶湖幼魚食用体側腹面中流湖沼