コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退き ソキ

デジタル大辞泉の解説

そき【退き】

《動詞「そ(退)く」の連用形から》遠く離れた場所。遠隔の地。果て。
「山の―野の―見よと伴の部を班(あか)ち遣はし」〈・九七一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そき【退き】

〔動詞「退く」の連用形から〕
最も遠い所。はて。辺境。 「山の-野の-見よと/万葉集 971

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

退きの関連キーワード引き際・退き際・引際・退際シリアルアントレプレナーボブ ワインストックロベルト ミヘルスアイバー(伯)大和古寺風物誌ちかりちかり進退維谷まるドン・ペドロ常世田長翠建御名方神競ひ掛かる壇ノ浦の戦鷁退・逆退天狗頼母子サマーリン九条兼実世代交代ちゃんとポリーニ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退きの関連情報