遠隔(読み)えんかく

精選版 日本国語大辞典「遠隔」の解説

えん‐かく ヱン‥【遠隔】

〘名〙 (形動) 対象と時間的、距離的に遠く離れること。また、離れているさま。えんきゃく。
※続日本紀‐和銅六年(713)九月己卯「山川遠隔、道路嶮難」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四七「遠隔のに在りと雖ども」 〔李白‐代寄情楚辞体詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android