コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃がし弁 ニガシベン

デジタル大辞泉の解説

にがし‐べん【逃がし弁】

機器・流路内の流体圧力が所定以上となったとき、自動的に開いて一部を他へ逃がして減圧し、常に一定の圧力を保たせる弁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

逃がし弁の関連キーワード福島第一原子力発電所事故格納容器ベント機器

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android