圧力(読み)あつりょく

日本大百科全書(ニッポニカ)「圧力」の解説

圧力
あつりょく

物体表面、あるいは物体内部に考えた任意のに垂直に加わる応力)を圧力という。圧力は単位面積当りの力で表す。静止している流体(液体や気体)の内部に任意の面を考えると、これにずり応力は働かず、圧力のみが働く。また、その大きさは面のきによらず等しい。これを静水圧という。

 圧力の単位としては平方メートル当りニュートン(N/m2)を用いる。また、パスカルPa)という単位を使うこともある。

  1Pa=1N/m2
である。地球表面上の大気の圧力(大気圧)は場所、時間によって変わるが、その標準の値として1気圧を定め、1atmと表す。

  1atm=101325Pa
である。1気圧は高さ760ミリメートルの水銀柱による圧力に等しいので1気圧の760分の1を1mmHgと書き、あるいは1トルtorrとよんでいる。また105Paを1バールbarという。10-3バールは1ミリバール(1ヘクトパスカル)であるから、1気圧は1013.25ミリバール(ヘクトパスカル)である。

 大気の圧力は地上の高さが増すとともに低くなる。また海洋中では水の重さのために、深くなるほど圧力は増す。深さ10メートル当りほぼ1気圧ずつ増加する。地球内部の圧力は非常に高い。地球上でも低圧、高圧をつくりだすことができる。容器の内部の圧力を周りより低くした状態を真空という。真空といっても、圧力がゼロになるのではない。いろいろなガスボンベの中は高圧になっている。気体による高圧のほか、液体や固体を圧縮することでも高圧をつくることができる。高圧、真空はいろいろな工業に広く利用されている。

[和田八三久・西 敏夫]

『計量管理協会編『計測技術シリーズ3 圧力の計測』(1987・コロナ社)』『日本化学会編『実験化学講座4 熱・圧力』第4版(1992・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「圧力」の解説

あつ‐りょく【圧力】

〘名〙 押しつける力。
① 物体が他の物体を押す力。物理では二つの物体が接触面を境にして、互いにその面に垂直に押し合う単位面積当たりの力をいう。単位に、Pa (パスカル)、dyn/cm2、kgw/cm2 などがある。
※物理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一「外来の圧力を脱するときは物皆膨脹して故形に復し」
② 人を威圧する力。人に圧迫を加える力。
※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「如何(どう)にかして此古び果てた習慣(カストム)の圧力(アツリョク)から脱れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「圧力」の解説

圧力【あつりょく】

2物体の接触面,または1物体の内部に考えた任意の面を境に,両側の部分が面に垂直に押し合うとき,単位面積に働く力。面全体に働く力を全圧力という。固体では1点に働く圧力は一般に仮定した面の方向によって異なるが,流体では面の方向によらず一定。1m2に1ニュートンの力が一様にかかっているときの圧力の強さが単位となり,これをパスカルとよび,Paで表す。→圧力計気圧
→関連項目応力張力流体

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「圧力」の解説

あつ‐りょく【圧力】

押さえつける力。気体・液体または固体が、ある面を境にして、その両側から垂直に押し合う力。単位はパスカルのほか、アト水銀柱メートルなどを用いる。
威圧して服従させようとする力。「大国の圧力に屈する」
[類語]プレッシャー外圧高圧低圧水圧風圧気圧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「圧力」の解説

圧力
あつりょく
pressure

物体の表面または内部の任意の面に向って垂直に押す力で,その大きさは単位面積あたりに働く力で表わされる。単位はパスカル Pa。静止流体内の1点に働く圧力は方向によらず一定で,これを静水圧という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「圧力」の解説

あつりょく【圧力 pressure】

二つの物体が接触して押し合っているときに,その接触面で両物体が及ぼし合っている力。一つの物体内でもその内部の各部分が互いに押し合っているときにはこれを圧力という。後者の場合には,物体内に面を考えてその両側の部分がこの面のところで互いに及ぼし合う力(応力という)として考える。これらの力が面に垂直でないときには,それを面に垂直な成分平行な成分とに分け,垂直成分が押し合う力になっているときにこれを圧力という(引き合うときは張力)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の圧力の言及

【触覚】より

…19世紀に触,温,冷,痛覚に対応する感覚点sense spotが発見され,以来触覚が温,冷,痛の諸感覚からより明確に分離されるようになった。
[触覚と刺激]
 変形が1回かぎりであればそれは軽い一過性の接触の感じをおこすが,これがある頻度(10回/秒以上)で繰り返されると振動感覚vibrationを生じ,変形が一定時間以上持続するときには圧覚pressureを生じる。接触の感じは,局所的な圧迫によって皮膚がへこんだときおこるほか,たとえば皮膚に接着した物体を介して皮膚が軽くひっぱり上げられても生じる。…

【流れ】より

…水や空気で代表される液体や気体は固体と異なり,一定の形をもたない。そしてわずかな圧力で容易に変形し,その運動を続ける。このため,液体と気体を総称して流体と呼び,その運動を流れという。…

※「圧力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android