コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通ふ神 カヨウカミ

デジタル大辞泉の解説

かよう‐かみ〔かよふ‐〕【通ふ神】

道祖神のこと。江戸時代、遊女が、客に送る手紙の封じ目に、安全に着くことを祈って書いた。
「是も偏(ひとへ)に―のかごより降りて」〈風流志道軒伝・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かようかみ【通ふ神】

道祖神のこと。江戸時代、遊女などが、手紙の封じ目に書いて、無事に着くことを祈った。 「これもひとへに-のかご/滑稽本・志道軒伝」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報