コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信制御装置 つうしんせいぎょそうち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

通信制御装置

コンピューターシステム通信回線を接続するための装置のことで、CCUと略される。データを伝送する際に生じるエラーを検出したり、データをビットや文字に変換したりする機能をそなえている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つうしん‐せいぎょそうち〔‐セイギヨサウチ〕【通信制御装置】

コンピューターの中央処理装置データ伝送系とを接続する装置。CCU(communication control unit)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の通信制御装置の言及

【データ通信】より


[データ通信システムの構成]
 図には代表的なデータ通信システムの構成を示す。コンピューター本体の処理装置はチャンネルを通して,通信制御手順を実現する通信制御装置CCU(communication control unitの略)に接続される。CCUは各種の通信回線を通して端末装置に接続されている。…

※「通信制御装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通信制御装置の関連情報