コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央処理装置 ちゅうおうしょりそうちcentral processing unit; CPU

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央処理装置
ちゅうおうしょりそうち
central processing unit; CPU

コンピュータの主要部分で,命令解読し実行する装置と,この命令の解読や実行を制御する回路を含む。具体的には,演算装置制御装置主記憶装置および制御盤からなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐しょりそうち〔チユウアウシヨリサウチ〕【中央処理装置】

コンピューターを構成する主要な部分。プログラムを実行し、データの処理を行う。大型機では制御装置主記憶装置とからなり、小型機では演算を行うLSI(大規模集積回路)そのものをさすことが多い。CPUcentral processing unit)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ちゅうおうしょりそうち【中央処理装置】

CPU

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央処理装置
ちゅうおうしょりそうち
central processing unit

コンピュータの構成要素の一つで、機械語の命令を解釈し実行を制御する装置。略してCPUともいう。普通、四則演算、論理演算、桁(けた)移動などを行う算術演算装置、および記憶装置に記憶された命令を順次取り出して解釈し、算術演算装置や他の装置へ適切な指示を与える制御装置とからなる。コンピュータの頭脳に相当する装置。現在では、多くの場合、これらの機能は1チップのLSI(大規模集積回路)に集積されているので、MPU(micro processing unit)またはマイクロプロセッサーということもある。[土居範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中央処理装置の言及

【コンピューター】より

… さて,コンピューターがプログラム,すなわち命令の系列を自動的に実行していくためには,(1)個々の演算を行う回路と,(2)実行制御を行う回路が必要である。この二つを合わせて中央処理装置(CPU,central processing unit)と呼ぶ。 CPUのうち,各種の演算を行う回路全体をALU(arithmetic and logic unit)と呼ぶ。…

※「中央処理装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中央処理装置の関連キーワードonline realtime systemmicro processing unitプラットフォーム(コンピュータ)マルチコアプロセッサーマイクロコンピューターVLIW プロセッサーボードコンピューター中央演算処理ユニットアップルエーフォーマイクロプロセッサ中央演算処理装置サイクルスチールofflineウルトラブックアキュムレータスループットonlineセントリーノペンティアム通信制御装置

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央処理装置の関連情報