コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連吟 レンギン

デジタル大辞泉の解説

れん‐ぎん【連吟】

[名](スル)謡曲の一部分を、二人以上で声をそろえて謡うこと。⇔独吟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんぎん【連吟】

( 名 ) スル
謡曲を二人以上で声をそろえてうたうこと。 ↔ 独吟

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の連吟の言及

【能】より

…(7)素謡(すうたい) 座したまま,囃子なしに全曲を謡う。(8)独吟,連吟 座してクセ,ノリ地などの謡いどころを謡う。1人のときは独吟,2人以上だと連吟という。…

※「連吟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

連吟の関連キーワード能の略式上演方式羽紅(1)一部分段物立唄謡曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連吟の関連情報