コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独吟 どくぎん

6件 の用語解説(独吟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独吟
どくぎん

(1) 謡曲のうたい方。一曲のある短い部分,段,クセ,キリなどを囃子なしで1人でうたうこと。また能のなかで1人でうたうこともいう。 (2) 下座音楽の一種。「メリヤス」と称する短い曲を1人でうたう形式。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どく‐ぎん【独吟】

[名](スル)
一人で詩歌・歌謡を口ずさむこと。
連歌連句を一人で詠むこと。また、その作品。片吟。→三吟両吟
謡曲の特定の聞かせどころを、囃子(はやし)を伴わずに一人で謡うこと。また、の中で一人で謡うこと。⇔連吟
歌舞伎下座音楽で、下座唄を一人でうたうこと。主に「めりやす」を立唄(たてうた)の人がうたうこと。⇔両吟

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

独吟【どくぎん】

日本音楽用語。(1)能の略式演奏様式。一曲中の特定の部分(段,クセ,キリ,小謡(こうたい)など)を囃子(はやし)を伴わず1人でうたうこと。2人以上の場合は連吟という。
→関連項目闌曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どくぎん【独吟】

日本音楽の用語。(1)能の演奏形式の一種。一曲中の特定部分,《玉ノ段》(《海人》),《笠ノ段》(《蘆刈》)などの段歌や,クセ,キリなどの聞かせどころを1人でうたうことで,囃子は伴わない。【松本 雍】(2)邦楽用語。三味線の伴奏のみで唄方(1人)がうたうことをいう。歌舞伎下座音楽(げざおんがく)の演奏法の一つで,愁嘆場,色模様,髪梳きなど,しんみりとした場面で,俳優の動作に合わせて効果的に演奏される。《東海道四谷怪談》の〈民谷伊右衛門浪宅の場〉での《瑠璃の艶(るりのつや)》や,《仮名手本忠臣蔵》七段目の《小夜千鳥(さよちどり)》などがそれである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どくぎん【独吟】

( 名 ) スル
ひとりで詩歌などをうたうこと。 「山中を逍遥しつつ-する」
謡曲などの一節を一人でうたうこと。 ↔ 連吟
ひとりだけで句を作ること。また、その句。 「 -千句」 → 両吟三吟

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独吟
どくぎん

邦楽用語。唄(うた)い手1人でうたうこと。能にもこの用語があり、能では略式の演奏形式の一つで、比較的長い聞かせどころを囃子(はやし)を伴わずに1人で謡(うた)うことをいうが、一般には長唄において用いる。この場合は全曲を1人でうたうことをいい、独吟でうたわれるものを「独吟物」と称することもある。独吟物には「めりやす物」とよばれるものすべてのほかに『都鳥』『松の緑』などが含まれる。「めりやす物」とは、一挺(いっちょう)の三味線と1人の唄い手によって演奏される短い曲で、三下りの、哀調を帯びたものが多い。おもに歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽から生まれたもので、愁嘆や述懐、色模様などの俳優のしぐさの背景音楽として用いられた。『傾城無間鐘(けいせいむけんのかね)』『五大力(ごだいりき)』『黒髪』『もみぢば』などが代表的である。元来は長唄の曲の一部分が用いられることが多かったが、そのうち、その短い部分が長唄曲として独立したものも数多くある。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の独吟の言及

【能】より

…(7)素謡(すうたい) 座したまま,囃子なしに全曲を謡う。(8)独吟,連吟 座してクセ,ノリ地などの謡いどころを謡う。1人のときは独吟,2人以上だと連吟という。…

※「独吟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独吟の関連情報