コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進歩するめがねとコンタクトレンズ しんぽするめがねとこんたくとれんず

1件 の用語解説(進歩するめがねとコンタクトレンズの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんぽするめがねとこんたくとれんず【進歩するめがねとコンタクトレンズ】

 屈折異常を矯正(きょうせい)するめがねは、現在、より高屈折で、軽くてじょうぶなプラスチックレンズが普及しています。
 またコンタクトレンズは、乱視矯正用のソフトコンタクトレンズや、老視用の二重焦点コンタクトレンズも普及しています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

進歩するめがねとコンタクトレンズの関連キーワード矯正教育矯正保護矯正術矯正視力矯正薬歯列矯正矯正削蹄 (corrective trimming)矯正装蹄法 (corrective shoeing)矯正用蹄鉄 (corrective shoe)歩様矯正 (gait correction)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone