コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道狭し ミチセバシ

デジタル大辞泉の解説

道(みち)狭(せば)・し

道が狭くて通りにくい。転じて、生きにくい。身の置き所がない。
「判官都を遠近(をちこち)の、―・くならぬその先に、西国のかたへと志し」〈謡・船弁慶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android