選言律(読み)センゲンリツ

大辞林 第三版の解説

せんげんりつ【選言律】

思考の原理の一。「 p であるか、 p でないかのいずれかである」あるいは「 A は B であるか、 B でないかのいずれかである」という形式で表される。排中律の反面をいうもの。選言原理。離接原理。 → 排中律

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android