コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配水池 ハイスイチ

デジタル大辞泉の解説

はいすい‐ち【配水池】

上水道の配水量を調整するために、一時蓄えておく池。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の配水池の言及

【上水道】より

…みずから農業を営まない職種が現れて都市に集住し,彼らへの給水を目的とする水利施設が灌漑・運河施設から分化するに至ったのは前1000年ころと考えられている。古代オリエントからギリシア時代にかけての都市遺跡に残る集落内の井戸,くみ井戸へ補水する地下水路,貯水ダム,灌漑水路から分水した導水路や市内地下の配水池などは水道の起源といえる。中近東や北アフリカの乾燥地域で,現在も用いられているカナート(地下水路で導水する横井戸)の歴史もこの時代までさかのぼりうると考えられている。…

※「配水池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

配水池の関連キーワードみどり市水道局贈収賄事件静清工業用水道法定耐用年数半田山植物園浄水場上水道配水塔接合井送水管

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

配水池の関連情報