一時(読み)イチジ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じ【一時】

時刻の名。→時(じ)
ある短い時間。しばらくの間。天気予報では、予報期間の4分の1未満の時間、その現象が連続するときにいう。「都合により一時休業する」「曇り、一時雨」
過去のある短い時間・期間。かつて。「彼は一時大臣を務めたことがある」「一時はどうなるかと心配した」
その時だけ。その場かぎり。臨時。「一時の間に合わせ」
1回。「一時払い」

いっ‐とき【一時】

わずかな時間。しばらくの間。暫時。「花の盛りも一時」「一時小雨になった」
(「一時に」の形で副詞的に用いて)同時に。一度に。「客が一時に押しかける」
過去の、ある時。あるひととき。「一時は、どうなるかと思った」
昔の時間の単位で、今の2時間。ひととき

ひと‐とき【一時】

しばらくの間。いっとき。「憩いの一時
過去の、ある時。いちじ。いっとき。「一時は栄華を誇った」「一時はやった歌」
昔の時間の単位。今の約2時間。いっとき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじ【一時】

ある限られた長さの時間。
しばらくの間。短時間。 「出発を-見合わせる」 「晴れ-曇り」
過去の、ある時。 「 -はだめかと思った」
その時だけ。その時限り。 「 -の気の迷い」
一回。一度。 「 -払い」 → 一時に
時刻の名の一。 〔 は副詞的にも用いる〕

いっとき【一時】

少しの間。しばらく。片時かたとき。 「 -も休めない」 「 -のひまも惜しむ」
ある一時期。 「 -ほどの元気は見られない」
昔の時間区分。一刻。 → とき

ひととき【一時】

しばらくの間。いっとき。 「楽しい-を過ごす」
以前のある時。ひところ。いっとき。副詞的にも用いる。 「 -盛んだった遊び」
昔の時間の区分。今の約二時間。いっとき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一時の関連情報