コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時 イチジ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じ【一時】

時刻の名。→時(じ)
ある短い時間。しばらくの間。天気予報では、予報期間の4分の1未満の時間、その現象が連続するときにいう。「都合により一時休業する」「曇り、一時雨」
過去のある短い時間・期間。かつて。「彼は一時大臣を務めたことがある」「一時はどうなるかと心配した」
その時だけ。その場かぎり。臨時。「一時の間に合わせ」
1回。「一時払い」

いっ‐とき【一時】

わずかな時間。しばらくの間。暫時。「花の盛りも一時」「一時小雨になった」
(「一時に」の形で副詞的に用いて)同時に。一度に。「客が一時に押しかける」
過去の、ある時。あるひととき。「一時は、どうなるかと思った」
昔の時間の単位で、今の2時間。ひととき

ひと‐とき【一時】

しばらくの間。いっとき。「憩いの一時
過去の、ある時。いちじ。いっとき。「一時は栄華を誇った」「一時はやった歌」
昔の時間の単位。今の約2時間。いっとき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじ【一時】

ある限られた長さの時間。
しばらくの間。短時間。 「出発を-見合わせる」 「晴れ-曇り」
過去の、ある時。 「 -はだめかと思った」
その時だけ。その時限り。 「 -の気の迷い」
一回。一度。 「 -払い」 → 一時に
時刻の名の一。 〔 は副詞的にも用いる〕

いっとき【一時】

少しの間。しばらく。片時かたとき。 「 -も休めない」 「 -のひまも惜しむ」
ある一時期。 「 -ほどの元気は見られない」
昔の時間区分。一刻。 → とき

ひととき【一時】

しばらくの間。いっとき。 「楽しい-を過ごす」
以前のある時。ひところ。いっとき。副詞的にも用いる。 「 -盛んだった遊び」
昔の時間の区分。今の約二時間。いっとき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一時の関連キーワード問うは一旦の恥問わぬは末代の恥サスペンデッドゲームテンポラリーファイル一時違えば三里の遅れレイオフ・システム繋ぎ資金・繫ぎ資金テンポラリファイル生命保険の一時金月掛の自動車保険Tempファイルマガジンラック一時払保険料ファディズム湯腹も一時一時借入金茶腹も一時レスパイト其の場逃れ一時帰休制寒の戻り

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一時の関連情報